さいたま市見沼区【小4男児】犯人父親だったのか!犯行の動機とは??



さいたま市見沼区【小4男児】犯人父親だったのか!犯行の動機とは??

さいたま市見沼区大谷で起きた

小4男児の事件。

【さいたま市見沼区事件】身内の犯行なの?!英会話塾には行っていなかった!

2019.09.18

【さいたま市見沼区大谷事件】集合住宅の敷地でなぜ?見沼区は不審情報が多い地区だった!

2019.09.18

警察は、死体遺棄容疑で

同居する父親の逮捕状請求の手続きに入りました!



さいたま市見沼区【小4男児】犯人父親だったのか!

今回のさいたま市見沼区大谷で起きた事件、

警察は、死体遺棄容疑で

同居する父親の逮捕状請求の手続きに入りました!

これから男の子が亡くなった経緯についても

取り調べが行われるようです。

男の子の家族構成

亡くなった男の子は3人家族でした。

・国語教師の母親(42)

・無職の父親(32)

・小4男児本人(9)

今回の事件の父親は義父でした。

犯行の動機とは

さいたま市見沼区大谷で起きた

小4男児の事件。

父親が犯人という局面をむかえました。

警察によると、死体遺棄だけでなく

男の子の殺害についても供述を始めているそうです。

もし、男の子に手をかけてしまったのならば

なぜ、このような犯行におよんだのでしょうか。

その動機とは何だったのでしょうか。

今のところ、ハッキリとされていませんが、

今後の調べでわかると思います。

義父は取り調べに対して、

「本当のお父さんじゃないといわれたから腹が立った」

と話していることがわかりました!

さいたま市見沼区大谷事件の背景

世の中には、いろいろな家庭環境があると思います。

再婚や連れ子なども含め、それぞれの家庭環境で

それぞれの家族がしあわせに暮らせるのが何よりです。

ですが、ときとして起きる子どもが犠牲になる事件。

義父や連れ子、無職という言葉が

キーワードのように出てくることが多いように感じます。

義父と連れ子との関係

今回のさいたま市見沼区大谷での事件。

義父と母親の連れ子との間に起こりました。

実は、義父と連れ子の間には、

虐待が起こりやすいと言われています。

あらゆる犯罪統計で幼児への虐待は義父と連れ子のあいだで起こりやすく、両親ともに実親だった場合に比べ、虐待数で10倍程度、幼い子どもが殺される危険性は数百倍とされています。逆に、実の子どもが虐待死する事件はきわめて稀です。長大な進化の過程で、あらゆる生き物は自分の遺伝子を後世に残すよう「設計」されているからです。――不愉快かもしれませんが、これが「現代の進化論」の標準的な理論です。

※出典:Yahooニュース 小4女児虐待死事件で、やはりメディアがぜったいにいわないこと

 

あらゆる生き物は自分の遺伝子を後世に残すよう「設計」されている

複雑ですが、こういう遺伝子的な部分はあるのかもしれません。

目黒区で5歳の女児が虐待死した事件、

千葉県で小学4年生の女児が虐待死した事件、

どちらも母親が再婚した義父との関係でした。

今回のさいたま市見沼区大谷で起きた事件も

男の子と義父との関係に何かしらトラブルがあったのではないかと思います。

それでも、子どもが犠牲になる事件はあってはならない!

今後わかる動機を待ちたいと思います。



なぜこんなことになったのか!

今回のさいたま市見沼区大谷で起きた事件、

男の子の母親と義父は昨年12月に同居をはじめて

今年の3月に再婚したとのことです。

亡くなった小4の男の子は、義父との関係にも

一生懸命にがんばっていたように思います。

母親が選んだ相手、文句もいえなくてツラかったかもしれません。

それでも、日常の中で無理を積み重ねていたようにも思います。

少しづつ、無理を重ねてきたことが

なにかのきっかけでぶつかり合ったのかもしれません。

それでも、子供に手をかけてしまうとうのはあってはならない。

苦しいですが、つらいですが

お母さんにはがんばって生きてほしいです。

 

今回の事故で亡くなった男の子の
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ABOUTこの記事をかいた人

3人子育て中です。 社会人になり苦手な英会話を学びはじめる。 小学校児童英語指導者資格を取得。 英会話講師として英会話教室に勤務。 結婚・出産を機に退職。 里帰りしたことがありません。 3人子育て中のアラフォーママでありワーママです。 学校の先生・パパやママに役立つブログ目指しています。