menu
閉じる
  1. 英語の早期学習する事の是非。
閉じる
閉じる
  1. 【妊活】効果絶大!!妊婦さんも産後でも飲めるルイボスティーおすすめ5選…
  2. 食事から改善!風邪予防におすすめの栄養素はコレ!
  3. 風邪とインフルエンザの違いとは?予防する6つのポイント!
  4. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
  5. ちょっと休憩に『リンネル1月号』
  6. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
  7. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
  8. これは知っておかなければならない?!35歳過ぎての高齢出産でのリスク
  9. 冷えに効果的な漢方とは?
  10. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
閉じる

子育て共育日記

これは知っておかなければならない?!35歳過ぎての高齢出産でのリスク

出産適齢期っていつ??という記事でも書きましたが、私は子ども3人を高齢出産しています。高齢出産といわれる35歳で初めて妊娠してから知ったのですが、高齢での妊娠にはいくつかのリスクがあることです。高齢出産で妊娠・出産をむかえるにあたり、事前に知っておきたいことをまとめてみました!

高齢出産で?気になるつのリスク

まず、おさらいですが、『高齢出産』とは?高年初産とも呼ばれ、初産の年齢が35歳以上であるということです。35歳以上で初めての出産をむかえる場合、二回目以降の経産婦に比べると医学的に予測のつかないことが多くなるそうです。その予測のつかないことやリスクが高くなるといわれていることを5つまとめてみました!

1.高齢出産による難産?

分娩時間が長くなったり、分娩時に医学的な処置が必要となることを『難産』と言います。難産の理由としては、加齢によるものというより、肥満や合併症など個人的なリスクの方が関係するようです。年齢によって難産になりやすいとは言い切れないようです。

2.高齢出産のよる流産?

自然流産する確率は、34歳以下で約10%です、それに対して35歳~39歳は約20%、40歳以上は約40%といわれています。その多くは、妊娠初期に起こるといわれています。初期の流産の多くは、受精卵の異常です。これは、卵子の高齢化が関係しているようです。

3.高齢出産のよる帝王切開?

年齢に限らず、分娩中に危険が迫った時に人工的に赤ちゃんを取り出すための方法の一つが帝王切開です。分娩中に赤ちゃんに酸素がうまく遅れなかったり、危険な状態になった時に処置されるものなので、年齢は関係ないようです。

4.高齢出産による合併症?

妊娠すると、自分自身と赤ちゃんと2人分の代謝の負担がかかるそうです。特に循環器系がスムーズに対応できなくなり合併症が『発症するとみられています。年齢が高齢になり血管が老化する事も関係しますが、個人的なリスクがある場合に多く見られるようです。

5.高齢出産による染色体異常?

母体が高齢で年齢を重ねるように卵子も年齢を重ねます。高年齢になると卵子の染色体に不分離という現象が起きやすくなるようです。染色体の分離が正常に行われず、染色体の過剰または不足が起きてしまいます。そのことで、染色体が一本過剰なトリソミー型染色体異常などがおこります。

 

高齢出産でのリスクをまとめると・・

5つまとめた中で、直接年齢が関わっている事は、

✅高齢による卵子の高齢化による初期流産

✅高齢による卵子の不分離による染色体異常

この2つといえるでしょう。ただ、そのほか、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群など遺伝的な体質や、高血圧や腎臓病などの合併症などの個人的なリスクも重なれば、より大きなリスクになります。35歳以上で妊娠・出産をのぞむ場合は、食生活や生活環境に気をつけて、なるべく症状が悪化しないように心がけが必要となってきます。個人的なリスクを軽減すれば、問題のない出産をむかえる可能性は充分にあると思います。

私も35歳で初めて妊娠し、36歳で出産しました。その後、38歳・40歳と出産しました。たばこや飲酒はしていませんし、できるだけ、たくさん睡眠をとるようにしていました。まずは、個人的なリスクを軽減する食生活生や活環境の見直しを少しずつ無理なく、自分に取り入れる事から始めてみましょう!

関連記事

  1. 高齢での妊娠から出産する際に気をつける7つのこと。

  2. 産み分けは本当にできるの?!神レベル?!35歳からの体験談!

  3. 35歳をすぎると高齢?!出産適齢期っていつ??

  4. 【妊活】効果絶大!!妊婦さんも産後でも飲めるルイボスティーおすす…

おすすめ記事

  1. 英語の早期学習する事の是非。

広告

広告

ページ上部へ戻る