menu
閉じる
  1. 英語の早期学習する事の是非。
閉じる
閉じる
  1. 神レベル?!産み分けは本当にできるの?!35歳からの体験談!
  2. 高齢での妊娠から出産する際に気をつける7つのこと。
  3. 35歳をすぎると高齢?!出産適齢期っていつ??
  4. 英語を楽しもう♫Let’s Try1 Unit1 Hello!あいさつ…
  5. 子育てママでも大掃除を効率よく済ませるには!
  6. 英語を楽しもう♫Let’s Try1 Unit1 Hell…
  7. 苦手ママでもできる『英語早期教育』を手軽に始める3つの方法。
  8. イヤイヤ期を楽に乗り切る為の赤ちゃんの頃からの言語習得方法。
  9. 未熟な嫁ですが愚痴らせて下さい・・。
  10. 英語の早期学習する事の是非。
閉じる

子育て共育日記

神レベル?!産み分けは本当にできるの?!35歳からの体験談!

赤ちゃんがほしいな~と思うようになると、自然と『男の子がいいな~』とか『女の子がほしな~』だとか考えてしまいますよね。私も赤ちゃんほしいな~と思うとともに『男の子ほしい』と思っていました。そもそも、産み分けなんて本当にできるのでしょうか??

私の体験を交えてまとめてみました。数分で読めますのでおつきあいください^^

35歳で妊娠した私の体験談

私は、生むなら男の子!と思っていました。ですが、まずは妊娠したいと思っていたので、産み分けまで調べたりしていませんでした。とにかく妊娠したいと思っていたので、らんこちゃんが出てくる日を予想していました。けど、私は超がつくほどの面倒くさがり屋なので、毎朝検温するのが嫌でした。ですので、ただ周期から逆算するというだけで予想していました。有りがたいことに、周期は安定の28日きっちり4週間だったので、助かりました。その予想ねらいを続けた数ヶ月後に、無事授かることができました。そして、更にありがたいことに狙い通り、男の子だったのです。それから、二年後に次男、約1年半後に長女を授かったのですが、二人に関しては、産み分けというものをかなり意識しました。

神レベル?!産み分けってできるの?!

産み分けの前に・・

あなたはもどちらがほしいとか、考えているのであればいろいろ調べている事でしょう。そして、欠かせないのがきっちり生理周期を把握し排卵日を予測することです。そこからが、まず準備段階ですし、月一のことで予測できるまでには日数が必要なので、毎日コツコツ検温をしましょう!そして、自分の排卵日の予測ができて初めて、産み分けに取り組める準備ができたといえます。これは、どのサイト・ブログでも書かれている事だと思います。まだ、自分の排卵日を予測できない時は、体温計を買って毎朝検温する習慣を身に付けましょう!ちなみに、私は本当に超がつくほどの面倒くさがりだったので、私は婦人用に口に入れるタイプではなく、普通にわきの下で計測する体温計を使ってました。笑

まずは遺伝子の特徴の確認!

私は、二人目は産み分けをしたいと思い次男を妊娠するまで、めっちゃ調べました!長男に同性の兄弟をつくってあげたかったので、二人目も男の子が欲しかった私は、どうやったら男の子が生まれるか調べました。その後、男の子がこんなに可愛いなら、女の子はもっと可愛いだろうなと思い、三人目は女の子が欲しくて、また調べたのですが、まずは、遺伝子の特徴を知ることが必要ですよね。

男の子の遺伝子と女の子の遺伝子には、ほぼ正反対の特徴がありますね。簡単にまとめました。

☆男の子(Y)の遺伝子☆

  • 寿命が約一日と短い
  • 動きが速い
  • 仲間がたくさんいる
  • 酸性に弱くアルカリ性に強い

☆女の子(X)の遺伝子☆

  • 寿命が約2~3日
  • 動きが遅い
  • 仲間が少ない
  • 酸性に強くアルカリ性に弱い

こんな感じでしょうか?あなたが調べたこともほぼ同じような内容だと思います。酸性に強い弱いなどの特徴を利用した、産み分けゼリーなんぞやもご存知かと思います。私も買おうかと迷いました!けど、値段と確率で諦めてしまったんです。。産み分け100%できないなら、買ってもな・・ちょっと心配だしと不安になった事もあり、結局のところ自分で頑張るしかないか・・と思ったんです。

自分で産み分けするために一番気をつけること!

正直、私は100%産み分けした!と自負しています!笑

とはいえ結果論で、性別わかるまでは多少の不安はありました。ですが、どんないろいろな情報の中で、これは忘れちゃいけない!これはきちんと考えた方がいい!!と思った点を1つだけお伝えします。

それは、『時間』です。

男の子の遺伝子の寿命が約一日、女の子の寿命が約2~3日というのは、あなたも知っている通りだと思います。ここで気をつけなければならないのが、パパさんと仲良くする時間なのです。例えば、今月の10日が排卵日だとします。男の子がほしいと思うならこの日に仲良くして良いかと思います。では女の子がほしい時に、仲良くするのはいつだと思いますか?たいていの方は2日前の8日だと思われるかもしれません。ですが、具体的に仲良くする場合は何時ころになるか考えてみて下さい。だいたい、その日の夜=ほぼ翌日なのです。8日は排卵日の2日前だからといっても、ほぼ排卵日の前日なのです。男の子の遺伝子の寿命は約一日ですよね。約一日ということは、もしかしたら二日はなくとも一日半はあるかもしれません。しかも、排卵する時間も排卵日の朝かもしれませんし、お昼かもしれません。そうなると、動きの速い男の子の遺伝子は、動きの遅い女の子の遺伝子より早くゴールしてしまう可能性が高まるのです。ですので、もし10日が排卵日で女の子が欲しい時は、6日か7日にあっさり済ませるのが良いのです。

これが私が産み分けでこだわったポイントなのです!

さいごに

以前、産婦人科で3人目は女の子がほしいと話した際に『男の子より女の子が難しいのよ』と言われたことがあります。産み分け、正直なところ神のみぞ知る!の領域だと思います。100%確実な産み分けができていれば、みんな必死で検索などで調べなくても良いですよね。ですが、赤ちゃんがほしいな~と思った時に必要なのは、性別関係なしで温かく迎え育てる覚悟だと思います。私も産み分け必死でしたが、3人目を授かってしまえば、男の子3人でも元気に生まれてきてくれたらいいや!と思っていました。それだけ、健やかに育って出産できる、生まれてきてくれることは尊いのです。自分のもとへきてくれた赤ちゃん、性別関係なくたくさんの笑顔とともに過ごせると良いですね。

関連記事

  1. 高齢での妊娠から出産する際に気をつける7つのこと。

  2. 35歳をすぎると高齢?!出産適齢期っていつ??

おすすめ記事

  1. 英語の早期学習する事の是非。

広告

広告

ページ上部へ戻る