menu
閉じる
  1. 英語の早期学習する事の是非。
閉じる
閉じる
  1. 苦手ママでもできる『早期英語学習』を手軽に始める3つ方法。
  2. イヤイヤ期を楽に乗り切る為の赤ちゃんの頃からの言語習得方法。
  3. 未熟な嫁ですが愚痴らせて下さい・・。
  4. 英語の早期学習する事の是非。
  5. 雪、雪、雪。
  6. 自立と依存。
  7. 心機一転!
  8. メラミンスポンジ!
  9. 断捨離。
  10. 重曹!
閉じる

子育て共育日記

躾の基本は家庭から。

躾の基本は家庭から。そして、3歳まで。

と思って、子育てしていますが、うちの4歳の長男坊、新年度に入ってから、言動で2度注意されています。

1つは、ふざける度が過ぎた事。先生の話を聴くタイミングで、ふざけ過ぎたよう。他のお友達と比べて、集団生活がまだ1年と短い事や、慣れないお友達の輪に入れて嬉しかったのか、ちょっとはしゃぎ過ぎたよう。

そして、もう一つは、お昼ご飯のおかわりが欲しかった際、きちんと『おかわりください』と言えず、『おかわりが欲しいんですけど・・』と言ったらしく、先生からは『人にお願いしたり、頼んだりする時は・・』と、教えました、と連絡ノートに。

いつも『おかわりください』と言うのにな~っと、笑ってしまいましたが、よーーーーーーーーーーーーーーく考えてみると、毎日バタバタで食事の際なんて、あれして~これして~で、ゆっくり食事なんてできていない。そんな中で長男が『おかわり~』とか『おかわりが欲しいんですけど~』と言ってても、『はい、はーい、ちょっと待って~』と返して終わりだったかもしれない。


広告



そう、普段の生活では、何も気にせずスルーしてしまっていた事も、外では直さなければならない、大事な躾なのです。

家庭内では気づけなかった事を、しっかり指導&連絡してもらえるので、とても助かるし、有り難いなと思いました。

家庭でできない事が、外でできるはずない!と思って、できるだけ家庭で意識して直していこうと思います。

関連記事

  1. 打倒!お風呂の黒カビ!!

  2. 絵本の力!その②

  3. 絵本の力!その③のつづき

  4. 後追い対策、一週間経過。

  5. 目指せ、ミニマリスト!

  6. 一歳。

おすすめ記事

  1. 英語の早期学習する事の是非。

広告

広告

ページ上部へ戻る