ワンオペ育児を楽に!ネントレがママを助ける3つのメリット!!




ワンオペ育児。

本当に大変ですよね。

かわうそママ
私も平日、毎朝毎晩、3人の食事から登園準備に片付けそのほか、バタバタです。

特に、夕方お迎えに行ってから、お風呂あがりからの夕食から寝かしつけまで、ノンストップ。

そんなバタバタでも、助かっているのが赤ちゃんからの『ネントレ』。

その『ネントレ』によって、習慣づけられた『生活リズム』です。

これこそが、3人子育てがワンオペでも、なんとか乗り切れているポイントだと思います。




その『ネントレ』による『生活リズム』によって、

私自身が助かる3つのメリットがありました!

そのことについて、ちょっとまとめてみました!

『ネントレ』による『生活リズム』

前にネントレするなら参考にする本を1冊購入することをおすすめしました!

まずは、生活リズムのベースになるものを、本の内容で決めます!

私の場合は、この本でした!

この左の本。

現在は、販売されていないようなのですが、Amazonで内容が少し見れるので

リンク貼っておきます。https://www.amazon.co.jp

この本、何が良かったかというと、

月齢別に生活リズムの例が書いてありました!

それを参考に、初めての育児、長男が3ヶ月くらいからネントレを始めました!

夜泣きがひどかった長男

初めての育児で、私は勘違いをしていました!

赤ちゃんは、眠くなると勝手に寝てくれる。

現実は違ってました!!

赤ちゃんは、

✔眠くても、1人で寝る方法がわからない

✔そして、環境に変化に不安でいっぱい

そんな状況で、1人で眠ってくれるわけがないのです。

ママのお腹の中でママのぬくもりを感じていた環境から、

生まれて、空気を感じて、まだハッキリと見えない目で、一生懸命に生きているんです!

だから、眠るのが怖いんです。

1人でママのぬくもりから離れるのが怖くて不安でいっぱいなのです。

だからこそネントレが大事!!

私たち大人でも、初めての環境は不安だったり心配だったりしますよね。

赤ちゃんも1人でママのぬくもりがないと不安で心配で眠れないのです。

だからこそ、ママが一緒に横になったり、

入眠の手助けが必要なのです。




私たち大人も、知らない環境にいるとき、誰かが助けてくれると安心ですよね。

赤ちゃんにもそんなママの温かい手助けが必要なのです。

『ネントレ』と一言でいっても、その方法はさまざま。

赤ちゃんそれぞれに合った方法は、ママが少しづつ手探りで見つけなければなりません。

そのためにも、やはり参考になる本、一冊はあった方がいいと思います。

その一冊から、始めるネントレ。

うまくいかないこともあります。

けれど、続けることで、ワンオペもグッとになると思います。

ネントレでつらい時期がある

ただ、ネントレでとてもつらかった時期もありました。

2時間くらいネントレにつきあって、

洗濯やお風呂掃除ができないことにイライラもしました。

寝たと思ったら、30分くらいで起きてしまったり。

思うようにいかない日々もありました。

それが、ネントレ中のつらかった時間でした。

けれど、生活リズムがしっかりできあがってからは、

ネントレしてきたことが、大きく役立っています。




ネントレで得る大きなメリット

ネントレで生活リズムが整いました!

そのことで大きなメリットが3つあります!

✔なぜ泣いているのかがだいたいわかる

✔ママの自分の時間ができる

✔登園するようになったとき楽だった

この3つが大きなメリットだと思います。

私は現在、夜は3人同時に寝かしつけをしています。

入眠の儀式として、絵本の読み聞かせは、ほぼ毎日読んでいます。

それまでには、下の子だけ先に寝かしたりもしていました。

寝かせてから、その次に起きるまでの間に上の2人の夕食を済ませたりしました。




お昼寝の間に自分も休憩したり、夕食を作ったりしていました。

1時間半~2時間のお昼寝でも、ママにとっては大きな休憩時間。

これは、本当に助かります。

そして、なぜ泣いているのか?がわかると子育てがグンと楽になりました!

生活のリズムが整っていると、

そろそろお腹が空く時間だから泣いているのかな

そろそろ寝る時間だから泣いているのかな

夜中に泣けば、歯がはえてきてるから歯ぐずりかな

と、泣いている理由に予測ができるので、それなりに対応がしやすかったです。

これは、初めての子育てでも2人目3人目でも大きく役立ちました!




ネントレのすゝめ

初めての育児や、2人目育児。

ワンオペだとなおさら大変です。

ですが、少しでも育児を楽にしたいと思うのなら、

『ネントレ』ぜひ、始めてみてください。

もちろん、つらい時期もあります。

ですが、後に大きなメリットとしてママを助けてくれると思います。

睡眠は赤ちゃんにとっても脳の発達に大きな影響をあたえます。

イヤイヤ期に言葉が話せるようになっていると、もっと助かりますよね。

ママにとっても疲れをいやす、大事な時間です。

かわうそママ
おやこで、しっかり睡眠とって、少しでも楽しい子育てできると良いですね!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

貧乏くじ世代でも賢い子を育てたい! おやこでがっこう英語 子育てひらめきスパイラル! ロスジェネママの子育て共育日記へようこそ! 簡単に自己紹介すると、アラフォー貧乏くじ世代です。 母子家庭育ち、29歳で母も他界。 ながい長~いボッチ生活していました。 社会人になり英会話を学びはじめる。 ギリホリでシドニーへ渡り、 ウェディングプランナー2級、 プリザーブドフラワー1級、 小学校児童英語指導者資格を取得。 帰国後、英会話講師として英会話教室に勤務。 結婚・出産を機に退職。 里帰りしたこありません。高齢出産で3人(未就学児)子育て中のアラフォーママでありワーママです。パパやママに役立つブログ目指しています。よろしくね♪