menu
閉じる
  1. 英語の早期学習する事の是非。
閉じる
閉じる
  1. 苦手ママでもできる『早期英語学習』を手軽に始める3つ方法。
  2. イヤイヤ期を楽に乗り切る為の赤ちゃんの頃からの言語習得方法。
  3. 未熟な嫁ですが愚痴らせて下さい・・。
  4. 英語の早期学習する事の是非。
  5. 雪、雪、雪。
  6. 自立と依存。
  7. 心機一転!
  8. メラミンスポンジ!
  9. 断捨離。
  10. 重曹!
閉じる

子育て共育日記

子供服の悩みどころ。

近頃、子供服で悩むのが、サイズをどうするか。

子供の体形 産まれた時期 サイズ

4歳の長男は110センチを、2歳の次男は、年齢の割にガッチリ体形で90センチだとピチピチの為、95センチを着ています。2人とも冬生まれの為、春から夏の間は、ちょうど歳の半分をまたぐ季節で、子供服のサイズの目安の中間な感じで、110センチ・95センチだと、それぞれまだ少し余裕がある様子。

この時期、買い揃える夏服は、今着ているサイズが良いのか、来年を見越して大き目のサイズを買うべきか、毎回、悩まされていました。。

それが、今日、長男が欲しいと言っていた半パンを買いに行った際に、ひらめき!というか、ちょっと自分なりに解決策?!を見つけました。

ズボンなどのボトムスは、ゴム入りでゴムの出し入れができる物の1サイズ大き目を選ぶ!

そして、Tシャツなどのトップスは、遠慮なく1サイズ大き目を選ぶ!という事にしました。

ズボンなどは、大きくてもゴムの出し入れできる穴があれば、大きくてもゴムを引っ張り縫ってしまえば脱げる事もなく、来年着る時は縫った糸をほどくだけ。丈は、フルレングスでなく、半パンなどばかりなので、丈を気にしなくても大丈夫!


広告



Tシャツは中に肌着さえ着てれば、肌着が汗を吸ってくれるし、着てるだけで脱げたりしないので。そして、来年もそのまま着れるし、よれても二度夏を過ごせれば充分お役目終了かなと思うので。

いつも、お下がりをもらっていたから気づかず。

自分のサイズと違って、毎年サイズが大きくなる子供の服のサイズ。これくらい、きっと皆さん、ご苦労されているんだろうな~思いつつも、いつもお下がりを譲ってもらっている私には、ようやく?!気づけたポイントでした!笑

 

関連記事

  1. 心を磨く。

  2. 絵本の力!その③のつづき

  3. 命名するという事。

  4. ミニマリストへ一歩。

  5. 絵本の力!その②

  6. メラミンスポンジ!

おすすめ記事

  1. 英語の早期学習する事の是非。

広告

広告

ページ上部へ戻る