menu
閉じる
  1. 英語の早期学習する事の是非。
閉じる
閉じる
  1. 【妊活】効果絶大!!妊婦さんも産後でも飲めるルイボスティーおすすめ5選…
  2. 食事から改善!風邪予防におすすめの栄養素はコレ!
  3. 風邪とインフルエンザの違いとは?予防する6つのポイント!
  4. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
  5. ちょっと休憩に『リンネル1月号』
  6. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
  7. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
  8. これは知っておかなければならない?!35歳過ぎての高齢出産でのリスク
  9. 冷えに効果的な漢方とは?
  10. 【小学校】外国語活動指導案 第3学年Let’s Try1 …
閉じる

子育て共育日記

風邪とインフルエンザの違いとは?予防する6つのポイント!

年末になり、いろいろ忙しくなってきますね。うちの下の二人が通う保育園に隣接する小学校では、もうすでにインフルエンザが流行りだして学級閉鎖になっているようです。怖い!個人的には、インフルエンザと同時期に流行る胃腸炎の方がやっかいで怖いと思うのですが、インフルエンザは登園するまでに期間を要するので、それが子育て中ワーママには困りますよね。

そもそも普段引く風邪と流行のインフルエンザ、何が違うのだろう??と思い調べてみました。

インフルエンザと風邪の違いとは?

ちょっと比較してみました!

インフルエンザは合併症もあり、小さな子には本当につらいですね。そして、看病する側も看ていてつらい!できれば、感染しないことを祈るばかりですね。

インフルエンザ 風邪
インフルエンザウィルス  原因 細菌・ウィルス
冬から春にかけて  時期 年中
全身症状  病気の症状 鼻水・くしゃみ
39℃~40℃  熱 37℃~38℃代
大流行することもある  感染 多くの人にはうつらない
手足や腰に強く出る  関節痛 ほとんどない
肺炎・気管支炎・インフルエンザ脳症  合併症 安静していればひどくならない

☆ その他、インフルエンザに感染してしまうと、発症して5日経過し、なおかつ解熱してから3日経過するまでは、登園・登校できません。 これは、本当に困りますよね。なんとか感染しないようにしたいですね。

風邪やインフルエンザの予防策は??

風邪もインフルエンザも、自分で予防するしかありません。日頃から習慣で行っておくべき6つのポイントです!

  1. うがい、手洗いをする
  2. 人が多いところへは出掛けない
  3. バランスの良い食事をする
  4. 部屋の換気と加湿をする
  5. 規則正しいい生活をする
  6. マスクを着用する

本当に小さな積み重ねですが、まずはウィルスを体内に入れないこと。そして、感染してもそのウィルスに負けない免疫力を持つことです。特にインフルエンザは感染していても発症していなければ、見た目にも解りません。もしかした、気づかないうちに、感染している人に接触しているかもしれません。ですので、自己防衛につきると思います。小さいお子さんは、マスクは嫌がられてしまうかもしれないので、まずは人の多いところに出かけないよう心掛けましょう!家族みんなが元気に年末年始をむかえ、新しい年度に備えたいですね

関連記事

  1. 食事から改善!風邪予防におすすめの栄養素はコレ!

おすすめ記事

  1. 英語の早期学習する事の是非。

広告

広告

ページ上部へ戻る