menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 雪、雪、雪。
  2. 自立と依存。
  3. 心機一転!
  4. メラミンスポンジ!
  5. 断捨離。
  6. 重曹!
  7. 続く雨の中。
  8. 人生の整え方。とは、いえ。
  9. 暑い!!
  10. 人生の整え方。その②
閉じる

子育て共育日記

お揃いのメリット。

ゴールデンウィークもあっという間に終わり、うちのチビ兄弟も保育所へ頑張って通ってくれています。

充実していたゴールデンウィーク

連休中、どこに出掛けようかな~と思っていましたが、祖母の実家へ行ったり、映画を観に行ったり、なんだかんだ毎日、充実していたように思います。

そんなお出掛けの毎日で、ふとした時に子供たちの服装について考えさせられる事がありました。

数ヶ月前に行った小児科で、たまたま久しぶりに会ったママ友さんのとこの男の子兄弟。3歳差だけど、お揃いの服を着ていて、とても仲が良さそうだし、しかも『可愛い!』男の子兄弟でも、お揃い良いな~と思い、うちもお揃いのカーディガンやTシャツを買い揃えました。

いつもイトコからのお下がり中心の服装だったので、たまにはと思いネットで注文購入していたのですが、普段の保育所へ行く際にも着ていて、先生から『お散歩の時、お揃いのTシャツが効いていましたよ~』なんて連絡ノートに書かれていたりで、私もお揃いの格好をしている2人を見て、微笑ましくなったりしていました。

そして、ゴールデンウィークの連休で熊本・阿蘇市にあるカドリー・ドミニオンへ二日連続で行った際の事。

広い園内を嬉しそうに歩き回る2人を見て、『お揃いの服って目立つーーー!!』そして、考えたくないけど万が一『どちらかが迷子になっても正確に服の特徴を伝えられる!』と、普段のお揃い効果だけでなく、広くて歩き回る場所でもメリットがある事に気が付きました。


広告



「もしも」のために意識すること

いつだったか忘れましたが、行方不明になった我が子の服装を正確に伝えられず、二転三転していた親が疑われていましたが、実際に我が子が行方不明になり、自分もパニックになってしまった時に、どれくらい正確に子供の服装を伝えられるか。とても大事なのに、自分だったらと考えると、自信持って言えるか悩むところ。特に長男は自分で服を選ぶようになっていたので、お揃いではなく、本人がサッと選んで着てしまっていたら、もし迷子になった際に服の色は言えても、他の特徴を言えるかなんて分からないな~と思う。

まさか!が起こりうる外出先。迷子にならないように、ちゃんと手をつないだり、目を離さない事が第一だけど、『もしも』の時に、日々、意識しておくのも大事。購入の際に、室内でも外でも目立つ色を選んだりするのも良いと思う。お揃いの服の意外なメリット、今後も外出する際に役立てようと思いました。

関連記事

  1. 断捨離。

  2. 客観性を持つ。その③

  3. 心を磨く。

  4. 絵本の力!その③のつづき

  5. 客観性を持つ。その①

  6. 続く雨の中。

広告

広告

ページ上部へ戻る