【乳製品アレルギー】粉ミルクはどれにすればいいの?迷ったらまずコレ!

【乳製品アレルギー】粉ミルク



【乳製品アレルギー】粉ミルクはどれにすればいいの?迷ったらまずコレ!

子どもが乳製品のアレルギーがあると分かったら、

悩むのが、粉ミルク。

うちの子も生後6ヶ月でアナフィラキシーショックを起こし、

血液検査で、卵と乳製品のアレルギーを持っていることがわかりました!

預けたりするさいにも必要となってくる粉ミルク。

どの粉ミルクを使えば良いのか悩みますよね。

卵・乳製品のアレルギー持ちの子育てを経験したことをふまえてお伝えします!

※確実な情報は医師や専門医に相談しましょう!



粉ミルクに迷ったらまずコレ!

子どもが乳製品のアレルギー持ちだった場合、

普段、購入していた粉ミルクではなく、代替の粉ミルクとなります。

ドラッグストアなどに買いに行っても、

パッと見、どの粉ミルクが乳製品のアレルギー用なのかわかりませんよね。

粉ミルクに迷ったら、まずは

医師に相談!

もう、コレしかないと思います。

血液検査などで乳製品のアレルギー持ちだとわかったら

粉ミルクはどれが良いのか、しっかり確認しておきましょう!

医師や専門医の判断もあるほうが

ママも安心して使えると思います。

大事なお子さんの安全のために、気をつけたいですね!

乳製品のアレルギー用の粉ミルク

実際に私が医師と専門医に相談して使っていた粉ミルク。

自分では迷ってしまうのですが、

子どもが飲んでくれる飲んでくれないなどもあり、

最終的にはコレに決めました!

 

ボンラクト口コミレビュー

実際にボンラクトを使っている方の

口コミレビューをまとめてみました!

オススメです。ミルクアレルギーの子供がお世話になっています。ミルクアレルゲン除去したミルクと比べてもこちらのほうがおいしいようでちゃんと飲んでくれます。

 

ミルクアレルギーであり、安心して飲まさせることが出来ます。助かります。

 

商品自体は問題なく、ミルクアレルギーの赤ちゃんに飲ませられて助かっています。
残念なのが、もう少し大きなサイズが欲しいのと、プライムで同日・翌日配送していただきたいです。

 

姪がミルクアレルギーとわかったので、こちらを購入しました。
元々粉ミルクを飲みたがらない子だったのですが、ボンラクトは比較的よく飲んでくれました。

 

医療関係者です。
我が子がミルクアレルギーでアナフィラキシー(救急受診しボスミン使用)をきたしたため、生後4か月から導入しました。
ミルクアレルギーになる前は「はいはい」を使用していたのですが、飲ませると湿疹が多くなっているようで気にはなっていました。
保育園入園も考慮し人工乳の量を多めに飲ませる練習をしており、少し嫌がってるのを無理やり飲ませたらアナフィラキシーになりました。ごめんね(‘・ω・`)
「はいはい」自体も抗アレルギー対策がされているのですが、こうなっては仕方ありません。
しばらくカゼイン除去ミルクで様子を見て、半年過ぎたあたりで徐々にカゼイン含有物も経口摂取を試みる(免疫寛容を利用する)方針としています。

まったくCMされていませんが、この製品は基本的には「豆乳」に近いものと考えてもらってよいです。
ミルクアレルギーの原因として多いカゼインを使用しておらず、多くのミルクアレルギーの子は飲むことができる可能性が高いです。
そして、比較的甘めで飲みやすいことから、子供もあまり嫌がりません。(そもそも生後5~6か月に至るまではどんな味でも受け入れてくれるんですが。)
僕が飲む限りではニューMA-1よりは飲みやすいような気がします。
また、離乳食の際に豆腐を食べさせる機会は多いですが、その際にも慣れ親しんでいることからよく食べてくれています。

良い製品だと思うのですが、amazonではprimeの取り扱いもなく非常に入手性が悪いです。また、製品として360g缶しかラインナップがないことから、保育園で使用してもらった際にすぐになくなってしまう点も困りどころです。
3缶以上で送料無料になるストアなどがありますので、そちらを利用するとよいでしょう。

 



今はネットでいろいろ購入でき便利ですね。

産後、睡眠時間もままならない生活です。

日付指定や時間指定ができるなら、生活リズムにあわせて

届けてもらうのも助かりますよね。

子育てしながら、食物アレルギーのある子どもの食事。

少しでも楽に少しづつ進められると良いですね!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

3人子育て中です。 社会人になり苦手な英会話を学びはじめる。 小学校児童英語指導者資格を取得。 英会話講師として英会話教室に勤務。 結婚・出産を機に退職。 里帰りしたことがありません。 3人子育て中のアラフォーママでありワーママです。 学校の先生・パパやママに役立つブログ目指しています。