吉田沙保里さん、お疲れさまでした!!



先日、引退を発表した吉田沙保里さん。

レスリング女子で五輪や世界選手権を16大会続けて出場し、輝かしい功績を残してきました。

私は引退会見も見ていなかったですが、ニュースでみた『全てやり尽くした』という言葉がとても印象的です。

私は、今までそんな気持ちで何かを辞めたことがあっただろうか・・。




吉田沙保里の人生とは・・

彼女は、3歳から亡き父の栄勝(えいかつ)からレスリングを始めたようです。オリンピック4連覇を目指した2016年のリオ大会では、銀メダルに終わり、何かきっかけとなったのかもしれません。そんな彼女ももう36歳。テレビでは『結婚できない女』なんて言われていますが、36歳独身女性なんて今時普通にいるよねと思う。

そして、30代折り返したときに自分の残りの人生考えるんだろうなと思う。

まったく関係もない私が言える立場ではないけれど、引退会見での素敵な笑顔を見ると、ここからやっと新しい人生がスタートできる!という喜びを感じているようにも思う。3歳から36歳までの33年間。レスリング一筋で本当に素晴らしい功績を残してくれた吉田沙保里さん。だからこそ、『全てやり尽くした』という言葉がしっくりくるのだと思う。それだけ、努力してきたり、時間を費やしてきたからこそ、ご自身で納得でき線を引くことができたのだと思う。




子育て中の私は・・

『全てやり尽くした』といえるほど、何か一つでもやり遂げたことがあっただろうか・・。苦手な英語を学び、英会話講師になり、出産を機に辞めて、いまも中途半端に独学している。子育て中で、自分の思い通りにはいかないけれど、あきらめずに、いつかは『全てやり尽くした』と格好良く言いたい!

子育て中のママは、きっとモヤモヤしているママも多いだろうけど、少しずつ子育てが落ち着いてきたら、自分のスキルUPやしたいこと、是非チャレンジしてみると良いと思う。そして、いつかは『全てやり尽くした』と言おうじゃないか!自分の人生だもん!吉田沙保里さん、これからも輝いているあなたを応援してます!!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

貧乏くじ世代でも賢い子を育てたい! おやこでがっこう英語 子育てひらめきスパイラル! ロスジェネママの子育て共育日記へようこそ! 簡単に自己紹介すると、アラフォー貧乏くじ世代です。 社会人になり苦手な英会話を学びはじめる。 ギリホリでシドニーへ渡り、 ウェディングプランナー2級、 プリザーブドフラワー1級、 小学校児童英語指導者資格を取得。 帰国後、英会話講師として英会話教室に勤務。 結婚・出産を機に退職。 里帰りしたことがありません。高齢出産で3人(未就学児)子育て中のアラフォーママでありワーママです。学校の先生・パパやママに役立つブログ目指しています。よろしくね♪